鼻ずまり

息が苦しい。

お金が欲しい。

薬が欲しい。

今すぐこの鼻ずまりを治す薬が欲しい。

世界で1番不幸になりたい。

世界で一番可哀想な存在になりたい。

ずっと甘えていたい。

こんなに若いのに苦労して大変ねって言われてたいし、哀れんで貰って同情してお金をください。

それが無理なら殺してほしいし死にたい。

そんぐらいにはゴミです。ゴミです。屑です。

私は、ずっと逃げてきて今もどこかに逃げようとしててそれが無理なら死ねばいいやってそんな簡単な事じゃないのに死ぬのめっちゃ難しくて、でも将来は不安で不安で怖くて今までのツケが全部将来として待ってる。いままで、全部逃げてきてあ、これまた言ってるし(笑)でも何千回行っても足りないぐらい逃げてきたし今も逃げてるし甘え過ぎててもっと辛い人だっていてずっと甘い汁が出る所を吸ってるカブトムシみたいで、まさに「死んじまった蝉の方が誇らしく見えて」です。

中途半端な脳みそが邪魔なんですよ。大人になりきれてなくてどうしようもなくダサい。ダサい。

こんな文章綴って誰が読むんだよってそんなこと考えて、でも馬鹿なので書きます。

遺して私はこんなこと思ってたんだなって少しでも少しでもいいから、私を産んだ、その周りの大人の皮かぶった子供な人達に教えたい。

ガキが何言ってんだよってそう思ったならそうでいいし、でもこれを背負えなんて言ってないからただ覚えててほしいよ。

誰かに頼るってこと難しいなんていいながら、頼りまくってて無意識だなんて都合のいい言葉見つけたらしいよ。

なにか我慢しなきゃダメなんだよ。

じゃああそぶの我慢して貯金しますか?

私はきっと甘い方を選ぶよ。馬鹿だから。

もうどうしようもなく救えなくて何も言えない。自分が悪い。ただただ、自分が悪い。これは絶対他人に何を言われようと曲げない。だって自分が悪いから。自分が悪いから。ただ自分が悪い。ずっとこれから先も生きてる限り自分が悪いのせいにして都合よく逃げて生きてく。みすぼらしくてダサくて駄作。

大人の皮かぶった人達が言ってたことひとつも間違いなんかなくてやっておけば良かったことばっかりで我慢して踏ん張ればいいことばっかりであーなんでもっと押さえつけてくれなかったんだよってまた人任せ。ゴミです。何よりもゴミでゴミ収集車に入るべきなのは私なのにっていつもベランダからゴミ収集車を見送る。片手にはピンク色のゴミ袋を抱えて。

何をやらせてもダメで継続できなくて脳みそがポンコツであ、また何かのせいにしてる。でもこれ、必死に考えても原因が何かのせいにしなければ何にもならなくてさ。

土台がダメなピラミッドは崩れるの。

そういうルールなの。

ルールというレールからはみ出して楽な方選んだらあとが大変だったなんてよくある話で笑っちゃうよな。

大人が言ってることは大体正しいし。

なぜ、分からなかったのかまだ戻れるよって言われてたうちに戻らなかったのか。

人と違う道を進むのは生半可な覚悟じゃできないなんて当たり前じゃないのか。

その当たり前が私には難しかった。

ただ今の私に必要なのはお金と、この病気と戦う時間と環境。

それを用意する術は無いです。

 

 

終です。

時間

日々過ぎてってあー、私は進んでいいのだろうかって毎日バイト行きながら思う。ずっと心に張り付いてる。またこんな話引きずってるって思ってくれていいよ。いろんな人から「ふぁぼ稼ぎ」とか「大御所に寄生してる」とか散々言われたし。

そうじゃねーよ。私の手元にはお揃いで買ったポーチがちゃんとあるんだよ。ずっと。遊んだ日のカラオケの動画。プリクラ。遊んだ時の服。靴。貰った人形と絵。思い出す材料は必要ないぐらい私の部屋に転がってて私脳内にしっかりと根を張ってるよ。

私が生きてる限りは彼女は死なない。

毎日思ってるよ。

今度、もっと近くに会いに行くね。

花と一緒に。

‪今も、あの時ああすれば助かったかもとかこれはこうしてほしい時の言葉だったとか考えれば考えるほどきりはつかねーし後悔の波はひかねーけど私は今日も生きていくし明日も明後日も楽しいことも苦しいことも‬辛いことも全部ある。苦しいことの方が多いけどそん中から楽しいことを見つけるってことはめっちゃ楽しいことだと思う。そうおもったのはある人達のおかげ。他にもキチンと教えてくれた人達のおかげ。何がダメで何がいいかなんてわかんねーし分かりたくもねーけどはっきり言いたいのはお前にお前ごときに語られるそんな軽いもんじゃないってこと。

ごめんなさい!めっちゃ腹立ちました!

てめーがし、ね、

一日経ったよ。1日は長いはずなのに昨日はあっとゆう間にだった。

 

誰かが遺された人の方が辛いなんて言ってたけどそんな事無いよ。ずっとずっと君の方が辛かったよ。

 

生きていたんだよな

 

今君は遠くで何を見て何を思っていますか?

信愛

‪私がすごくすごく嫌なのはいなくなってしまったその瞬間の悲しみをずっと持っていられないこと。明日になれば当然悲しみは薄れていくしまた一日が始まって私は彼女を置いていく。‬私は歩んでいくスピードを落とすことは出来ても止まれない。ゆっくりでも、確実に一歩づつ進んでいってしまう。その間、嫌なことばかりじゃない。辛い。ずっとずっときみの辛いに浸っていたい。

そうでもしないと忘れてしまったと君に思われてしまう気がしてならない。

「やっぱりふーこは生きるべきだよ」って言ってくれたけど私ね連れてって欲しかったよ。

辛い。嘘だと信じたくて調べるたびに事実は真実になってしまうし、見たくもない心無い話も見てしまう。「そんなもんだ、そんなもんだ」ときみは言ってたけど私は私は。

時間の流れはとても残酷。あんまりにも残酷。置いていきたくない。君を過去にしたくない。そう嘆いていても1秒ずつ君は遠くなっていってしまって私はまだ時間を止められなくてごめんね。

,

‪死んだ後には何も残らないのに、何故か自殺した方のアカウントが崇拝されてて、覗いてみると、とってもどこにも行けない感情が湧き上がる。‬もうこの人はこの世には居ないんだって「2015/07/23」っていう冷たい冷たい時間の表記が深々と私の真ん中にある所に刺さってくる。それは氷柱みたいに先が尖っていてどんどん太くなってく用な感触。

時間の流れは残刻で残酷。私も置いてきぼりにされると思うと怖くて怖くて仕方なくて足が竦みそう。泣いても泣いても届かない、苦しんでも苦しんでも届かない、何かを残してせめて私はここに居るよってここに居たんだよって。ずっと此処で待ってるからねって。私はここにいました。

今年も時間の流れは早いです。

"

今年で最後だけど今まで、生きててよかったって思ったことは有るし、これからもソレを大事にしてけばいいんじゃないのかなって思うけど。

頑張ろうっていう気持ちを裏切るのはいっつも自分で上手くいかない。「人生そんなにコロコロ上手くいかないしゆっくりでいいんじゃない?」って言ってくれたけど、やはり自分は人より劣っているんだって思うしどこからでも精神は沸いてきて苦しい。

勇気を出して行った病院もうまく喋れずタダの薬厨と思われた。そう思われてなかろうが思われてようが一回くっついた思考は中々離れないくっつき虫みたい。

もうダメだ。もうダメだ。もうダメだ。何回も何回も頭で頭で脳内再生される声がうるさくてたまらない。もうダメだじゃねーんだよ。私がどれくらい重度の精神病なのか診断してみたが、精神を本当に病んでる奴はそんな事しないと言うツイートを見つけた。そりゃそうだ。私は、精神病に甘えようとしてるだけだとまた自分への嫌悪感が募っただけだった。死んでほしい。

情緒が不安定ですごく苦しい。感情の起伏が激しくて自分でも疲れる。なんならそれに付き合ってるバイト先の人はどれらい疲れさせてるんだ私は、とまたひとつ自分が気持ち悪くなった。

なんにも才能がない。

何にもない。

妬み嫉み恨み甘え穢れ。

いらないもんばっかり持ってる。

もう、ダメだ全部嫌い。全部全部嘘です。